親父、帰ってきた (^_^メ)

 今日、約一ヶ月ぶりに、親父が東京から帰ってきました。 と言うか、一ヶ月しか東京に居なかった。

 実は生活費を稼ぐ為に、” 四ヶ月 ”の条件で、「季節労働 ・出稼ぎ」に行ったのです。
 昔、家は親父があまり働かなかったので、貧乏してました。 今でも貯金は殆んどありません。 だから、生活費以外の親父のアパートの家賃 ・光熱費 ・介護保険等税金など、僕が負担してます。 
 現在、たまに日雇いの仕事をして、自分の生活費を稼いでいるようですが、不況であり、年寄り (75歳 )であることから、仕事は殆んどありません。生活費も底をつき始め、苦肉?最後の手段?として、新聞の広告を見て、申し込んだようです (-_-)

 
 前もって僕や姉に相談すればよいのですが、親父は自分で勝手に決め、勝手に行動することをポリシー にして数十年生きてきましたので、今回も 「行く」 事を全て整えてからの報告でした。 ……お得意の事後承諾ってやつで。
 この性格の為に、亡き母は振り回されてきたし、僕も母の側で見てきましたから、「またか」と思いました。
 一応、僕達は引き止めました。 この歳になるまで沖縄以外で生活したことは無いし、これから冬になって沖縄と比べられないほど寒くなる、いくら元気とはいえ、身体のあちらこちらにガタが来ている、そんな親父を独りで東京に送れるわけが無い、と。
 それだけでなく、会社の提示している条件等に、怪しい印象を受けてました。
 
 親父は、周りが反論すればするほど意地になって、自分の意見を押し通そうとする。
 今回もそうでした。 申し込んで、相手の会社も「すぐに来て欲しい」と言っている、断るわけにいかない、と。
 姉は一生懸命説得するが、のれんに腕押し、そのもの。 諦めてしまった。
 僕は姉ほど慌てませんでした。 逆に、一ヶ月ももたずに帰ってくる、と思ってました。
  だから姉に 「どうせ、一ヶ月ももたずに帰ってくるから、やるだけやらせば良い。 行って後悔させれば良い。 行くことを引き止めて、後でそれを根に持って愚痴をこぼされるより、自分で決めた事の結果を自分で経験させた方が、本人のためにも良い。」と言って、行かせる事にしました (-。-)y-゜゜゜

 それで、親父は半分観光気分で、楽しげに旅立ちました。 たまに電話もして来ました。

 それから約三週間後……、親父は 「仕事を辞めて沖縄に帰る」、と言ってきた。 電話では理由をハッキリ言わなかったが、予想通りの展開に、ホッと一息吐いた。


 帰ってから、親父は会社に対する愚痴のオンパレード (;一_一)

 結局、仕事はあまり無く、一ヶ月の内、半分も無かった。 一日8時間以上、時には10時間も働いて、日当自体が安かった。 昼勤もあったが、深夜勤(翌朝まで)も半分あった。 寮には設備は殆んど無く、テレビも無いから何も見ていない。 給与から寮費も引かれたので、辞めた時に貰った給与の手取りが、8万円強だけ。

 確かに、明細を見せてもらったが、求人広告と内容の差がありすぎた。
 
 以前、友人が 「季節社員の広告なんて、殆んどがウソに近い。 ”基本給が○○万円 ”なんて、実際は貰えない。 それは、死ぬほど残業しないと貰えない金額。」と言っていたことを思い出した。

 まぁ、何事も無く無事に帰って来た、社会勉強が出来た、という事で、これで収めたいと思います m(__)m
 
 当分は、無茶なことはしないで、大人しくしてくれるでしょッ ヽ(^。^)ノ
 

 

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Kazuya
2007年12月09日 22:45
こんばんは、
お父さん帰られたんですね、
季節は大変だったと思いますよ、
期間はみじかかったけど、
お父さんには良い経験に
福岡で同じ様な季節の広告見た事ありますが、沖縄と金額が違いました。
広告には本当に騙されない様にしないと
いけませんね、
TAIJI
2007年12月11日 20:58
Kazuyaさん、コメントありがとうございます。
若い人なら、このような経験は良いかも知れませんが、あの歳でやられると……。
貰った給料は、大切に使っているようですので、安心してます。
沖縄での本土の季節の広告の場合、トラブルも多々あるようで、ニュースで取り上げられたこともありました。
季節を考えている方々は、よく考えた上で決めたほうが良いと思います。

この記事へのトラックバック